Position  Index > Healthcare

Automobile and automotive components & parts  自動車と部品

  恒輝のデータベースによって、2007年、中国の自動車生産量が888.25万台に及び、2006年と比べて160.27万台増加し、前年同期比で22.02%を成長した。そのうち乗用車生産量が638.11万台で、前年同期比で21.94%増加した、乗用車の内、基本型乗用車(セダン)が479.77万台、成長率が23.99%、多機能乗用車(MPV)の生産量が22.47万台、成長率が15.42%、二輪駆動SUVの生産量が17.49万台、成長率が49.25%となった。そのほか四輪駆動SUVが18.51万台、成長率が53.12%、交差型乗用車が99.86万台、成長率が7.29%などとなった。2007年中国の商用車の生産量が250.13万台、成長率が22.21%。商用車の内、大型トラックの比例が最も高い、生産量が48.99万台、成長率が61.36%に達した。

  2007年、中国の自動車販売量が879万1500台に及び、前年同期比で157万6000台で21.84%増加した。2007年中国の自動車総販売量が2003年の一倍となった。2007年の乗用車販売量が629万7500台で、前年同期比で21.68%増と、成長率が2006年を下回ったものの、生産台数が依然として伸びた。2007年末までに商用車の販売量249万4000台で前年同期比22.25%増、同成長率は2006より8.02ポイント上回った、更に同伸び率が自動車業界の平均伸び率より0.41ポイントを上回った。

  「十一五」以降、「省エネと新エネルギー車」との戦略を明確に提出されたと共に、国家が新エネルギー自動車項目への投入予算金額が11億元に達している、地方政府と企業よりの投資を合わせて、「十一五」期間内に新エネルギー自動車への投資は30億元を超える見込み。エネルギーと環境保護の圧力の下で、新しいエネルギー自動車はきっと未来の自動車発展の方向になると予測している。

  中国自動車業界の見通しが広く、2009年に自動車の生産量が1273万7000台に達し、2010年、2011年も持続的に成長し、成長率が19~20%に達すると予測する。2009年は中国が世界最大な自動車生産国となる同時に、中国自動車の消費量も世界消費総量の12%を占める見込み。2015年頃には国内自動車の販売がアメリカを超える可能性が高い、世界最大な自動車消費市場に成長する見込み。2020年には中国現地での自動車生産量が2000万台に達し、その内20%が国際市場で販売する見通し。

Market-Guide believes that the following changes have taken place in the whole-vehicle industry   完成車業界の変化:

個人が自動車の購買主体になりつつである。安全でかつ省エネのエコ乗用車は自動車業界発展の重点になっている。

国内の自動車企業は業務再編を急ぎ、大型自動車集団による収入と利潤が日々に増加している。

国際自動車企業は生産の現地化を加速し、中国での生産拠点の配置が基本的に完成されている。

Market-Guide's recommendations for the whole-vehicle industry  恒輝の自動車業界に対する提案

末端消費者の需要を十分に把握することは自動車メーカーにとって最も重要な任務である。

流通ルートを整合する。

Market-Guide believes that the following changes have taken place in the automotive components & parts industry  自動車部品業界の変化:

自動車部品サプライヤーは自動車生産メーカーによるコスト削減の圧力を直面している。

国内系自動車部品サプライヤーが直面する主な問題は、価格、規模、品質と研究開発となる。

国外の組立工場も外資系自動車工場の進出によって、中国市場に進入している。

アフタサービス市場の地位が益々重要となりつつある。

Market-Guide's recommendations for the automotive components & parts industry  恒輝の自動車部品業界に対する提案

産業リンケージから優位性を見つけて、優劣資源を整合する。

細分化市場戦略と差異化戦略を利用して、自動車生産工場と末端消費者の異なる需要を満たす。

販売後市場を起動し、ブランドイメージを立てて、製品を開拓する。

中国の部品サプライヤーが低コストの優位性を発揮して、自動車生産メーカーのグローバル化した仕入れ体系に進入する。

Market-Guide's research model in automobile and automotive components & parts industry  恒輝の自動車業界の研究モデル

Market-Guide's resource in automobile and automotive components & parts industry

Market-Guide's resource in automobile and automotive components & parts industry  恒輝が自動車業界で持つ資源

豊富な業界経験を持つ:自動車分野での長期研究経験を持つ。完成車、部品、自動車サービスとメンテナンス等各方面に及ぼす。シリーズ化、成熟した研究モデルを構築してある。

専門化したコンサルティングチーム:業界でのコンサルティング顧問のベテランがいる。高資質の研究人員が自動車技術と市場運営の経験を持つ、各種の市場研究技術を持ち、自動車市場を熟知する。

広い専門家ネットワーク:恒輝には膨大な専門家データベースがあるので、技術の面から見ても、市場の面から見ても業界の最先端に立っており、業界の最新動向と発展トレンドを把握できる。

完全な基礎データ:自動車の研究において必要な基礎データがあり、この基礎は恒輝の専門的なデータベースと正確的なデータルート及び長年の研究データから成り立っている。

Valid CSS!