Position  Index > Market Research

In-door visit  入室訪問

1)概念:入室訪問は今もっとも利用する市場調査方法である。サンプリングの技術を依頼し、一般は毎都市で400~800個サンプルの訪問を通し、ある地域内で消費者の全体の意見を推定する。質を保証するのは以下の5ポイントである:

a、基準のサンプルをコントロール。データにより全体を推定したら、全体を代表するサンプリングは非常に重要である。これらの基準は:サンプリングの確定原則、基点原則、ノーク原則、家庭メンバーを判別する原則などである。 b、標準のアンケートを設計。入室訪問は一般的にスタッフが独立に外出で訪問し、スタッフはアンケートへの理解が研究者のレベルになることができないため、どうやってアンケートを設計し、できるだけ有効的にデータを収集するのは難しい。 c、厳格的に実地で訪問をコントロール及び質のコントロール制度。同行訪問率、答礼訪問率、調査スタッフの検察率、照合率など。 d、調査スタッフの養成制度をつくる。ランダムに入室訪問は最も困難な方式である、訪問のそれぞれの方面には厳格の試練である。e、豊富な経験チーム

2)範囲: 1.アンケートは長い、ある時、使用と態度の訪問に対し40分もかかる 2.家庭の雰囲気に関する研究、例え、家庭日用品の購入など。

3)長所: a.回答者がよくわかる環境で訪問する b.完全率が高い c.観察して回答者の答えを補足する d.アンケートの長さは適量に伸びる e.答礼訪問と照合はしやすい

4)短所: a.調査のコストが高い b.訪問の拒否率も高い

入室訪問のプロセス

Process of in-door survey

Valid CSS!