Position  Index > Market Research

Focus group  グループ座談会

1)概念:グループ座談会は円卓討論会であり、通常に6~10人が集まって司会者の引導で一つの話題を討論する。グループで調査する目的は話題について人々の見方及びこの見方の原因である。グループ座談会は質問と答えの訪問と違い、グループメンバの間にインタラクティプを生じ、よりたくさんの情報が出てくる。グループ座談会の研究は定性的でありが、もし定量の情報をもらいたいなら、座談会の後でサンプルの調査と結合する。

2)範囲 F 製品とサービスのオリエンテーション F 新しい概念をテスト F 製品テストの可能性 F 広告テストの脚本と市場セールス・プロモーション

3)グループ座談会の組織 合格のメンバと優秀的な司会者は座談会の成功の要因となる。座談会のメンバだちは知り合いではない、研究のスボンサーも知らない、訪問前は話題さえも知らない。前も存在する偏見を避け、顧客に満足させる答えも防止する。 司会者は重要なポイントであり、その要求: F グループの研究目的を深刻にわかる F 素敵な交流能力、有効的にメンバだちとインタラクティプ、メンバだちの真実を掘り、話し上手の方を止めたり、恥ずかしがるメンバを励ましたりする。司会者は討論の概念がわかるはず、たくさんの情報を話さない。メンバだちの意見は一番重要なので、討論より聞く方がいい。

4)長所: u 製品についてメンバだちの概念、仮定及び原因がわかる。 u 定量研究の案内になり、定量研究の問題を検討; u 範囲が広い、名前テスト、パッケジングテスト、概念テスト、広告テスト、使用習慣テストなど。 u 資料を収集する時間が短い u 人数が少ない u 監視設備により顧客に全体のプロセスを了解させる。

5)短所: u 条件の設定には、質のコントロールには、司会者のレベルには要求が高い。 u 得た情報は方向的であり、定量研究を行いにくい、結論は総体に推定することができない。 u プライバシー、秘密などの問題について、みんなの前で聞くことは難しい。 u その時間うちに討論が全部完成するので、深い討論は難しい。

グループ座談会のプロセス

̸

Valid CSS!